コンテンツ

臨時休業のお知らせ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

お買い物時の本数制限について / 包装・熨斗(ギフト)対応について

お買い物時の本数制限について

画像を拡大する

画像を拡大する
この商品を携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

未成年の飲酒は法律で禁止されています

商品コード:
4514731011182

情け嶋 1800ml

販売価格(税込):
1,998
ポイント: 19 Pt
メーカー:
八丈興発
関連カテゴリ:
商品カテゴリー > 本格焼酎
本格焼酎(金額) > 1,000円~1,999円
本格焼酎(原料) > 麦焼酎
本格焼酎(容量) > 1800ml(一升瓶)
本格焼酎(銘柄) > 情け嶋(なさけしま)
本格焼酎(蔵元) > 八丈興発(はちじょうこうはつ)
東京都心から南へ約287km、黒潮の中に姿を現すひょうたん形の八丈島で造られている島酒が麦焼酎の「情け嶋(なさけじま)」です。

「沖で見たときゃ鬼島と見たが、来てみりゃ八丈は情け嶋」と八丈島に伝わる民謡「八丈しょめ節」から引用された銘柄名です。

古代の森のような亜熱帯の植物が茂っていたり、とびきり鮮やかな色の花が咲く自然の宝庫とも言える環境で造られた「情け嶋」は協会酵母を使用している為、原料のおだやかな麦の香ばしさと共に華やかな吟醸香も感じられます。

仕次ぎ(しつぎ)貯蔵で20年前の焼酎も一定の割合含まれているので、減圧蒸留ならではのスッキリとした味わいの中に、まろやかで柔らかい旨みが含まれているのが最大の魅力となっています。

この商品の700mlはこちらのページです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
数量:




八丈島の焼酎の歴史

時は1853年、ペリー提督が浦賀に来た年に、鹿児島は阿久根の商人、丹宗庄右ェ門(たんそう しょうえもん)が琉球との密貿易(抜け舟)の罪によって八丈島に流罪となりました。当時、八丈島では雑穀を使ったドブロクを飲んでいました。

庄右ェ門はさつま芋を見て、九州ではこのさつまいもで酒を造っていると言って、実家から蒸留器を取寄せ島民に焼酎造りを教えたのが八丈島での焼酎造りの始まりです。

このような歴史から焼酎の教科書には、芋焼酎の産地として鹿児島、南宮崎に加えて伊豆諸島も入っているのです。

以前は農家がさつま芋を造り、蔵がそのさつま芋を買い焼酎を造り、その出来あがった焼酎を農家が買うと言う様にお互いにお客さんであるという関係にありましたが、昭和初期になると、観葉植物を栽培する農家が増え始め、原料の芋の確保が難しくなりました。

その頃から島の各蔵元は麦焼酎の導入を検討し、現在の様に八丈島特有の文化である芋麦ブレンド焼酎と麦焼酎を造り始め、麦焼酎、芋麦焼酎、芋焼酎の3種類ある独自の文化を持っています。

八丈興発株式会社

昭和22年(1947年)に創業。八丈島内五蔵の中で1番新しい蔵ですが、伊豆七島で最大の製造量を持っています。

創業当時は、島で栽培されるサトウキビを原料に黒糖焼酎を造っていたそうですが、昭和30年(1955年)から麦焼酎も造るようになりました。

現在の代表銘柄は減圧蒸留の麦焼酎「情け嶋」でありますが、三代目の小宮山善友さんが蔵に戻り、八丈島特有の文化である芋麦ブレンド焼酎と常圧蒸留の麦焼酎を造り始め「島酒」の殻を破り全国に飛び出しています。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。


トップページ | ご利用ガイド | 送料・配送 | お支払方法 | 熨斗・包装 | 店舗案内 | 自己紹介 | リンク | blog | お問合せ